Microsoft OfficePowerPointのチートシート

Microsoft OfficePowerPointのチートシート

Microsoft Office Powerpoint Cheat Sheet



Microsoft Office Powerpoint Cheat Sheet

MicrosoftPowerpointのチートシート





Microsoft PowerPoint は、市場をリードするプレゼンテーションソフトウェアです。テキスト、画像、ビデオ、3Dモデルなどで構成されるスライドショーを使用してメッセージを配信できます。世界のどこにいても、自信を持ってストーリーを語ることができます。 PowerPointを使用すると、クラスメート、友人、同僚、または大勢の聴衆の前でさえ、作業を快適に共有できます。これを実現するには、PowerPointのチートシートガイドが便利です。

あなたがエントリーレベルのユーザーであるか、単にデザインについてあまり知らない場合でも、PowerPointは完璧なツールです。使いやすくユーザーフレンドリーな機能により、自分を表現しながら、プロフェッショナルで人目を引くプレゼンテーションを行うことができます。私たちは、PowerPointが提供するものを最大限に活用し、いくつかのヒントとコツを使用してプレゼンテーションを次のレベルに引き上げるお手伝いをします。



  • ヒント:友人、同僚、または従業員がPowerPointについて詳しく知る必要がある場合は、恥ずかしがらずにこの記事を共有してください。知識は力であり、あなたは私たちの記事を共有することによって他の人が学ぶのを助ける能力を持っています。

永久対サブスクリプションライセンス?どちらに行けばいいですか?

ほとんどのOfficeスイートアプリケーションと同様に、PowerPointは2つの異なる方法で購入できます。これらのバージョンはどちらも、対照的なオーディエンスにより適したさまざまな長所と短所を提供します。購入するPowerPointのバージョンがわからない場合は、このセクションを必ずお読みください。

PowerPointを永久に所有し、1回限りの価格を支払う場合、Microsoftは永久ライセンスでアプリケーションを購入するオプションを提供しています。一度支払うだけでよいので、これは間違いなく費用対効果の高い計画ですが、より要求の厳しい顧客に影響を与える可能性のあるいくつかの欠点があります。永久ライセンスでPowerPointを購入すると、今後のソフトウェアアップデートは提供されません。つまり、その時点で利用可能なバージョンしか使用できなくなります。これを回避する方法はありません。将来のバージョンのためにさらに購入する必要があります。

一方、Office 365サブスクリプションの購入は、お金に関しては間違いなく長期的な投資ですが、一定のメリットがあります。サブスクリプション料金は月額$ 10から年額$ 100の範囲ですが、PowerPointと一緒に使用できるさまざまなOfficeアプリケーションとサービスにすぐにアクセスできます。さらに、多くのアプリケーションには、Office365バージョンでのみ使用できる機能があります。近い将来、Officeと積極的に連携することを検討している場合は、サブスクリプションベースのライセンスを使用することを強くお勧めします。

リボンインターフェイスを理解する

リボンは、Office 2007で最初に導入されて以来、長年にわたってOfficeスイートアプリケーションの主要な部分を占めてきました。リボンは、ナビゲーションを容易にすることを念頭に置いて設計され、複数の層を持つ昔ながらのメニューの使用に終止符を打ちました。サブメニュー。リボンを使用すると、非常に視覚的なインターフェイスを備えたシンプルなナビゲーションが可能になり、使い慣れたツールをすばやく見つけることができます。リボンは、PowerPointでナビゲートするための主要で唯一の方法であり、テキストのフォーマット、要素の挿入、アニメーションの実装、スライドの微調整、および機能へのアクセスの機会を開きます。

以前のPowerPointリリースとは異なり、PowerPoint2016やなどの新しいバージョンのリボン PowerPoint 2019 よりフラットで魅力的なデザインを採用しているため、画面がすっきりして作業の邪魔になりません。このミニマリストのインターフェイスは、PowerPointに競合他社とは一線を画すモダンでスタイリッシュな外観を提供します。ツールと機能の場所は以前のバージョンとほぼ同じであるため、お気に入りのコマンドを見つけるのに問題はありません。苦労している場合は、新しい「教えて」機能を使用してください。

PowerPointリボン スライドマスターインターフェース

リボンを隠す方法

必要に応じて、数回クリックするだけでいつでもリボンを非表示にできます。これはOfficeアプリケーションの普遍的なヒントであるため、WordやExcelなどのアプリを使用する場合も覚えておくことをお勧めします。

デフォルトでリボンが表示される方法を変更するには、いくつかの設定と方法があります。画面の右上に、「リボン表示オプション」というタイトルのアイコンが表示され、3つの異なるオプションを含むドロップダウンメニューが開きます。

PowerPointでリボンを非表示にする方法

  • リボンの自動非表示:このオプションは、デフォルトでリボン自体、およびリボン内のタブとコマンドを非表示にします。これを選択した場合、リボンとその内容を表示する唯一の方法は、PowerPoint画面の上部をクリックすることです。
  • タブを表示:このオプションは、リボンのタブを保持しますが、その下にあるすべてのコマンドを非表示にします。タブの1つをクリックし、を押してコマンドを表示できます。 Ctrl + F1 キーボードのキー、または「 タブとコマンドを表示する 代わりに」オプション。
  • タブとコマンドを表示する:このオプションを使用すると、タブとコマンドの両方が常に表示された完全なリボンを表示できます。

ファイルメニュー、舞台裏エリア

バックステージビュー

の[ファイル]メニューをクリックすると パワーポイント およびその他のOfficeアプリケーションでは、Microsoftが「舞台裏」と呼ぶエリアに到着します。ここでは、コマンドが並んだタブが表示される代わりに、情報の全ページビューと、ファイルを開いて保存するためのさまざまな基本機能、印刷、その他の共有オプションが表示されます。

さらに、[ファイル]メニューを使用して、現在のスライドショーに関する情報を表示できます。これは、作成時刻、最終変更時刻、所有者、ファイルサイズなどを確認することを意味します。アクセシビリティの問題を確認したり、パスワード保護を追加したり、ファイルの所有者として共同編集者の権限を変更したりすることもできます。

あなたがやりたいことを教えてください

教えてください

新しい「やりたいことを教えて」または単に「教えて」機能は、リボン内の正確な位置がわからなくても、ツールを手の届くところに置くことを目的としています。リボンの[表示]タブのすぐ横をクリックするか、キーボードのAlt + Qキーを押すと使用できます。この機能を使用すると、入力できることに気付くでしょう。これは、PowerPointに何をしたいかを伝えることができるときです。

クエリに基づいて、PowerPointはあなたが探しているものに関連するツールを提案します。たとえば、「スライドの背景を変更」と入力すると、[通知]バーに、その正確なタスクを実行できるオプションが自動的に表示されます。

自分がPowerPointの第一人者だと思っていても、TellMe機能を使用すると作業をスピードアップできます。機能をもう一度見つけるために、リボンを調べたり、オンラインで検索したりする必要はありません。

さまざまな表示モード

プレゼンテーションを作成するときは、作業の別の視点を得ることが確かに役立ちます。 PowerPointには多くの表示モードがあり、作成したスライドをさまざまな視点からよりよく見ることができます。使用可能なビューモードとその機能について少し説明します。

  • 通常のビュー:PowerPointが読み込まれるデフォルトのビュー。これには、リボン、スライドペイン、メモペインなど、作業に必要なすべての基本事項が含まれます。
  • アウトラインビュー:コンテンツに重点を置いたビュー。このビューを使用して、スライドの構造を調整したり、大量のテキストを追加したりします。
  • スライドソータービュー:このビューは、プレゼンテーション内の既存のすべてのスライドを1つの画面に表示します。スライドの順序を並べ替えたり、スライド間にトランジション効果を簡単に追加したりできます。
  • メモページビュー:各スライドの下にメモを表示しながら、プレゼンテーションスライドを印刷レイアウトで表示します。作業のレビューに便利です。
  • 閲覧ビュー:これは、プレゼンテーションが完了したら簡単に確認するために使用するビューです。シンプルなコントロールを使用して、スライド間をすばやく移動できるウィンドウが表示されます。
  • スライドショービュー:スライドショー環境でスライドを表示するために使用されるビュー。スライドを聴衆に提示するときにこのビューを使用します。

クイックスタートを使用してプレゼンテーションを設定する

クイックスタート機能

空白のスライドショーに不安を感じる場合は、新しいプレゼンテーションの作業を開始するときに、QuickStarterと呼ばれるOffice365専用の機能を使用できます。調査やドキュメントの概要に時間を無駄にしないことで、有利なスタートを切ることができます。

QuickStarterツールを使用すると、新しいドキュメントを作成するときにプレゼンテーションのトピックを入力できます。次に、サブトピックのリストから選択し、QuickStarterがBing検索エンジンとウィキペディアを介してリソースを収集するときに魔法が起こるのを確認します。生成されたスライドを確認し、保持するスライドを選択して、カスタマイズを開始します。

QuickStarterは、テーマと、画像が見つかった場合は背景グラフィックを使用して各スライドを完成させます。完了したら、詳細とコンテンツの編集と微調整を開始します。出来上がり!

自動保存をオンにすることを忘れないでください

作業内容が失われることを心配しながら、作業内容を常に保存したくない場合は、自動保存機能が用意されています。デジタルで作業すると、短時間で多くのことがうまくいかない可能性があります。停電、システムクラッシュ、またはエラーが原因でOfficeの実行が停止した回数を考えてみてください。自動保存をオンにすると、プレゼンテーションの作業中にこれらのことが起こった場合でも、びっくりする必要はありません。

  • 注:この機能は、Office365ユーザーのみが使用できます。さらに、OneDrive、OneDrive for Business、またはSharePointOnlineのいずれかに保存されているドキュメントのみを保存します。

AutoSaveを使用すると、入力時に作業内容が自動的に保存されるだけでなく、バ​​ージョン履歴を介してファイルの古いバージョンを復元できます。

誰もが知っておくべき便利なPowerPointショートカット

このチートシートを終了するために、作業をスピードアップするために使用できる最も役立つPowerPointキーボードショートカットをいくつか含めることにしました。

  • Ctrl +マウスホイールスピン:キャンバスズーム。
  • Alt + Shirt + Up and Down:テキストをカットアンドペーストせずに、箇条書きまたは番号付きリストを並べ替えます。
  • タブ:オブジェクト、レイヤー、要素を切り替えます。
  • Ctrl + Z:最後の編集を元に戻します。
  • Ctrl + A:現在のスライド内のすべてのオブジェクトを選択します。
  • Ctrl + G:選択したオブジェクトをグループ化します。
  • Shift +マウスの左ボタン:比率を維持して完全な正方形、円を描画し、サイズ変更時に画像の比率を維持します。
  • Ctrl + D:現在選択されているオブジェクトを複製します。
  • Ctrl + M:新しいスライドを挿入します。
  • Shift + F9:グリッド線を切り替えます。
  • Ctrl + L:スライドショービューで仮想レーザーポインターをアクティブにします。

誠実さと誠実なビジネス慣行で信頼できるソフトウェア会社をお探しの場合は、SoftwareKeepをお勧めします。私たちはマイクロソフト認定パートナーであり、BBB認定ビジネスであり、お客様が必要とするソフトウェア製品で信頼性の高い満足のいく体験を提供することに関心を持っています。すべての販売の前、最中、そして後に私たちはあなたと一緒にいます。それが私たちの360度SoftwareKeep保証です。何を求めている?今日お電話ください +1 877315 1713 または、sales @ softwarekeep.comに電子メールを送信してください。また、ライブチャットでお問い合わせいただけます。