タスクバーが全画面で非表示にならない–それを解決する4つの簡単な方法

タスクバーが全画面で非表示にならない–それを解決する4つの簡単な方法

Task Bar Won T Hide Full Screen 4 Simple Ways Resolve It

Task Bar Won T Hide Full Screen 4 Simple Ways Resolve It



PCをフルスクリーンに設定しようとしていますが、 タスクバーは非表示になりません ?煩わしいことがあります。これは、特にWindows10でよくある問題です。



問題はオペレーティングシステムにあると思われるかもしれません。ただし、Windows Updateではなく、誤動作または非互換性の問題である可能性が高くなります。

特定のアプリケーションを閉じると問題が解決し、タスクバーが表示されなくなる場合があります。



しかし、それが機能せず、タスクバーを画面から離しておくことができない場合はどうなりますか?

画面上のタスクバーは、特に映画を見ているときや他のことをしているときに、ひどい中断になる可能性があります。

ただし、タスクバーが全画面で非表示にならない場合でも心配する必要はありません。



1つの方法が失敗した場合、それを修正するいくつかの方法があります。提案された修正はWindows10を対象としていますが、他のWindowsバージョンでも機能します。

タスクバーは、さまざまなタスクを実行できる重要なツールバーです。新しいアプリケーションの起動と新しいウィンドウの起動を切り替えることができます。移動したり非表示にしたりできるアイコンバーです。アプリケーションを起動するために使用されます。

しかし、それが誤動作し始めると、それは面倒になります。

関連資料: タスクバーが非表示にならない場合の対処方法

フルスクリーンで非表示にならないタスクバーの考えられる原因は何でしょうか。

PCの使用中にタスクバーが通常のアクティビティを中断する場合は、次の理由が考えられます。

  • 複数のディスプレイモニターを使用しています 。全画面モードでディスプレイを切り替えると、離れた画面にタスクバーが表示される場合があります。
  • ブラウザの更新 。一部のブラウザの更新により、アプリウィンドウとフルスクリーンビデオを切り替えるときにタスクバーが表示される場合があります。

タスクバーが全画面で非表示にならない場合はどうすればよいですか?

原因に応じて、この問題にはさまざまな解決策があります。問題を解決する方法に関する推奨事項は次のとおりです。

解決策1:自動非表示機能を確認する

他の作業を行う前に、設定に移動して、自動非表示機能がオンになっているかどうかを確認してください。オンまたはオフにして、問題が解消されるかどうかを確認できます。従う手順は次のとおりです。

  1. マウスを右クリックして設定を開き、「パーソナライズ」をクリックします。
  2. どこか下のタスクバーを探します。タスクバーのオプションが画面に表示されます
  3. 自動非表示機能がオフの場合は、オンにします。すでにオンになっている場合は、オフにしてから数分後にオンにします。

これはほとんどの人の問題を解決し、再チェックするとタスクバーが全画面モードで非表示になります。

解決策2:Windowsエクスプローラーサービスを再起動します

Windowsエクスプローラサービスを再起動します
Explorerを再起動すると、いつでもバグを解決できます。仕組みは次のとおりです。

  1. スタートメニューに移動し、右クリックします
  2. 概説されたリストからタスクマネージャーを選択します。または、を押してタスクマネージャを開くこともできます Ctrl + Alt + Delete
  3. [プロセス]タブが表示されます。その下で、 Windowsエクスプローラ サービスを右クリックし、このサービスを再起動します。この場所から、タスクの終了を選択することもできます。
  4. 今のところ、問題を解決するためにWindowsを再起動します。これを行うと、タスクバーでプログラムが実行されなくなります。

今回は、ツールバーが全画面に表示されないようにする必要があります。

PCを再起動する別の方法は、コマンドラインプロンプトを使用することです。また、将来使用できるスクリプトを作成することもできます。

  1. キーボードショートカットウィンドウ+ Rの使用から始めます
  2. 実行ボックスが表示されます。 cmdと入力します。
  3. 次に、Taskkill / imexplorer.exe / fと入力します。
  4. 次のステップはExplorerと入力することです
  5. 最後に、exitと入力すると、PCが再起動します

解決策3:バックグラウンドアプリ

背景アプリ
アプリはWindowsタスクバーを改ざんする可能性があります。これらのアプリの一部は、サードパーティのカスタマイズツールおよびテーマです。

次の手順は、アプリの処理に役立ちます。

  1. 設定バーに移動し、アプリをクリックします
  2. スタートアップを選択し、Windows10以降のアプリを見つけます。
  3. サードパーティのWindowsカスタマイズツールに関連するすべてのプログラムをオフにします。これにより、画面からタスクバーが削除されます。

解決策4:ローカルグループポリシーを編集する

Microsoftは、通知の制御を可能にするグループポリシーを追加しました。

それらを設定または削除できます。ローカルグループポリシーは複雑な方法ですが、問題を解決するためのガイダンスを使用してタスクを実行するのは簡単です。

通知を受け取りたい場合は、戻って設定を再度有効にする必要があることに注意してください。以下の手順は、それを行うのに役立つはずです。

  1. あなたのウィンドウズバイタルに行き、それをクリックしてください。 gpedit.mscと入力します
  2. 最初に表示されるものをクリックして開きます
  3. ユーザー構成をクリックして、スタートメニューとタスクバーを選択します
  4. [すべてのタスクバー設定をロックする]をクリックします 。これにより、ツールバーのすべてがロックされますが、無効にしたいときはいつでもリセットできます
  5. すべてのバルーン通知をオフにします。
  6. ユーザー構成フォルダーに移動してクリックし、スタートメニューとタスクバーをクリックします。これにより、すべてのバルーン通知をオフにする必要があります。
  7. 上記と同じ手順を繰り返します。ユーザー構成、スタートメニュー、最後にタスクバーをクリックします。
  8. 通知アイコンの自動プロモーションを延期します。
  9. ユーザー構成を確認し、スタートメニューとタスクバーをクリックします。静かな時間に通知が表示され、通話がオフになります
  10. ユーザー構成に移動し、スタートメニューとタスクバーをクリックします。
  11. 通知に移動し、トースト通知をオフにします

これは少し詳細かもしれませんが、タスクバーのエラーを完全に停止します。

全画面表示で非表示にならないタスクバーからの中断は、煩わしい場合があります。ですが
それらを修正することが可能です。ファイルが破損している可能性があると思われる場合は、コンピューターをリセットする準備をしてください。

バックグラウンドで実行されているアプリがあるかどうかを確認できます。その場合は、それらをオフにします。