Windows Server 2012R2インストールガイド

Windows Server 2012R2インストールガイド

Windows Server 2012 R2 Installation Guide



Windows Server 2012 R2 Installation Guide

インストールする前に Windows Server 2012 R2 、コンピュータが最小システム要件を満たしていることを確認してください。





Windows Server 2012 R2の場合、これらは次のとおりです。

  • プロセッサー:1.4GHz 64ビットプロセッサー(推奨:2GHz以上)
  • RAM:少なくとも512MB(推奨:2GB以上)
  • 空きディスク容量:32GB以上(推奨:40GB以上)

確認したら、Windows Server 2012R2をインストールする準備が整いました。以下の手順に従ってください。



ステップ1:DVDまたは起動可能なUSBにインストールパッケージがある場合は、最初にコンピューターを変更する必要があります 起動順序 起動時にインストールパッケージを実行するようにします。

コンピュータのBIOSセットアップユーティリティから起動順序を変更できます。これを行う方法を見つけるには、以下に従ってください ここに私たちのガイド。

手順2:起動順序を変更すると、Windows Server 2012 R2 DVDまたは起動可能なUSBを挿入して、コンピューターを起動できます。

  • 注:画面の指示に従って、DVDまたはUSBから開始するように求められる場合があります。

ステップ3:インストーラーが読み込まれると、以下の画面が表示されます。 [今すぐインストール]をクリックして、インストールプロセスを開始します。

Windows Server 2012 R2

ステップ4:Windowsは一時ファイルのコピーを開始します。次に、実行するかどうかを尋ねる画面が表示されます アップデートをインストールする Windowsセットアップ用。インターネットに接続している場合は、今すぐ接続することをお勧めします。そうでない場合は、インストール後に更新を実行できます。

Windowsインストールガイド

手順5:更新プログラムをインストールした後(または今のところスキップした場合)、次の画面で[今すぐインストール]をクリックします。

次に、インストールするエディションを選択する必要があります。 StandardエディションまたはDatacenterエディションのいずれかをインストールする場合は、ServerCoreまたはDesktopExperience(GUIを使用)としてインストールするかどうかも選択する必要があります。

  • 注:Server Coreは、フットプリントが小さく、CPUとRAMの使用量が少ないが、リモートで管理するように設計されており、ローカルでの管理が難しい場合がある、Windowsサーバーの簡素化されたバージョンを提供します。一方、GUIは、快適なダッシュボードで管理しやすいユーザーフレンドリーなエクスペリエンスを提供します

サーバーCPU

ステップ6:インストールオプションを選択したら、[次へ]をクリックすると、ライセンス条項が表示されます。これらを読んだ後、[ライセンス条項に同意します]にチェックマークを付け、もう一度[次へ]をクリックします

ステップ7:これでインストールタイプを選択できます。現在のファイル、設定、アプリを保持できる[アップグレード]を選択するか、[カスタム]を選択して新規クリーンインストールを実行できます。

  • 注:アップグレードオプションは、以前のバージョンのWindows Server(Windows Server 2008、2008 R2、Windows Server 2012など)からインストールを開始した場合にのみ使用できます。

Windowsサーバーセットアップのアップグレード

ステップ8:次に、WindowsServerをインストールする場所を尋ねられます。リストに表示されているドライブまたはパーティションの1つにインストールするか、[ドライブオプション]をクリックして[新規]を選択することにより、新しいパーティションを作成できます。

  • 注:まだ行っていない場合は、続行する前に必ずハードドライブの内容をバックアップしてください。そうしないと、選択したドライブまたはパーティションに現在保存されているデータが失われる可能性があります。

Windows Serverをインストールする場所を選択したら、[次へ]をクリックします。この手順には時間がかかる場合があり、インストールプロセス中にコンピュータが再起動する場合があります。これは正常です。

Windows Server2012のインストール方法

手順9:セットアップが完了すると、コンピューターが再起動し、Windows Server2012で初めて起動します。ユーザー名とパスワードを設定するように求められます。強力なパスワードを選択し、[OK]をクリックすることを忘れないでください。

手順10:Server Coreインストールを選択した場合、デスクトップは次にコマンドウィンドウとともに表示されますが、スタート画面やデスクトップアイコンは表示されません。これは、標準のWindows ServerCoreインターフェイスです。

サーバーコアのインストール

手順11:Server Coreは、タイムゾーンを通常はデフォルトで太平洋時間に設定します。これを変更するには、controlと入力します timedate.cpl 、次に正しい日付と時刻を設定し、[OK]をクリックします。

ステップ12:Windowsは、ランダムなコンピューター名でServerCoreもインストールします。これを任意の名前に変更するには、次のように入力します netdom renamecomputer%computername%/ newname:computername

  • 注:このコマンドラインのcomputernameは、使用する名前に置き換えてください

手順13:名前の変更が一部のサービスに悪影響を与える可能性があるという警告が表示される場合があります。 Yと入力して続行します。次に、名前の変更プロセスを完了するためにコンピュータを再起動するように求められます。 shutdown / r / t 0と入力して、サーバーを再起動します。

ステップ14:サーバーが再起動したら、をクリックします Ctrl + Alt + Delete 、上記で作成したユーザー名とパスワードを使用してログオンします。

それでおしまい!これでインストールしました Windows Server 2012 R2と行く準備ができています!

誠実さと誠実なビジネス慣行で信頼できるソフトウェア会社をお探しの場合は、SoftwareKeepをお勧めします。私たちはマイクロソフト認定パートナーであり、BBB認定企業であり、お客様が必要とするソフトウェア製品で信頼性の高い満足のいく体験を提供することに関心を持っています。すべての販売の前、最中、そして後に私たちはあなたと一緒にいます。それが私たちの360度SoftwareKeep保証です。何を求めている? +1 877 315 1713に今日お電話いただくか、sales @ softwarekeep.comにメールでお問い合わせください。また、ライブチャットでお問い合わせいただけます。